ミカルディスとはどんな薬?

ミカルディスは高血圧治療に用いられる降圧薬の一つであり、比較的新しい治療薬の一つです。血圧を下げる作用を示す薬には様々なメカニズムを持つものがあります。カルシウム拮抗薬、β遮断薬、α作用薬、利尿剤といったものは古くから広く用いられてきた治療薬であり、多くの医療機関では長い使用経験があって信頼されて使用されています。一方、ACE阻害剤やARBと呼ばれるものが比較的新しい治療薬であり、それ以前の治療薬とは全く異なるメカニズムで血圧を低下させることができることから注目を浴びました。ミカルディスはARBに分類される治療薬の一つであり、レニン−アンジオテンシン系と呼ばれる血圧調節機構においてアンジオテンシン2受容体を阻害することにより、血圧低下をもたらすということが知られています。レニン−アンジオテンシン系に作用するACE阻害剤はアンジオテンシン変換酵素を阻害することでアンジオテンシン2受容体に作用する生体内物質であるアンジオテンシンの生成を抑制することで血圧の低下をもたらします。そういった違いがあることによって、よりレニン−アンジオテンシン系の下流で作用するARBはより副作用が少ないと期待されます。実際にミカルディスにはACE阻害剤において頻発する空咳の副作用が出ないことが知られており、その点においてACE阻害剤よりも使いやすい降圧剤として頻用されるようになっています。また、ミカルディスは他のARBと同様の血圧効果作用に加えてPPARγの活性化作用を有していることも特徴です。これによってアディポネクチンの分泌が促されることにより、心臓、腎臓、血管の保護作用が生じ、糖尿病などの予防にも役立つことが特徴となっています。